1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高尾山登頂、結局どうなったかというと。。。

意味も無く引っぱってしまいました、

昨日の高尾山発登山の続きですが、

とりあえず薬王院に到着





薬王院紅葉





ここでも参拝者がごった返しておりました





参拝者





そしていよいよ山頂目指して

というところで、前記事に書いたとおり、

登頂への行列が大混雑

まったく動く気配のない中、

1人2人と列を離れる人たちに続き、

小生もあきらめて下山することに。。。





石像群





こんな石像を横目に、来た道を引き返していたところ、

何気なく目に止まった案内版を良く確認してみると、

何と先ほどまで並んでいたコースとは別に、

山頂への道が示されているではありませんか

とりあえずそちらを進んでみることに





抜け道





しかしよけの鈴を鳴らしながら下ってくる人は何人かいたものの、

ほとんど人が歩いていません

ホントに山頂に向かっているのか不安になりつつ、

が出てきてもおかしくないような、未舗装の山道を突き進んでいきますと、





山頂





無事登頂に成功

しかしここでも凄い数の人、ひと、ヒト

予定では、山頂で何か食事をとろうと思っていたのですが、

なにしろ食堂には長い列・・・

取りあえずココまで一滴も補充してなかった水分だけを採り、

下山するまで食べ物はおあずけとすることに





ぷらぷらと散策しながら展望台に足を運ぶと、

こんなプレートが





山脈





眺望できる山脈などの早見図、

いわずもがな、いの一番で富士山を確認しようと、

必至に目をこらしてみたのですが、

結局この日は雲が多く、

拝むことは出来ませんでした

まぁ天狗様からの「また来なさい」との思し召しと受け止め、

次回(いつになることやら・・・)に期待したいと思います





さて無事当初の目的であった登頂と、

頂上での一服という悲願も達成したところで、

日が落ちないうちに下山開始

帰りは違う道を行こうと思い、

コース図を念入りに確認





下山コース





ネットでも下調べした際に、

とても興味を引かれていた「いなり山コース」を行くことに

上ってきた1号路とは打って変わり、

まさに山道

木の根っこがそこかしこに露出しており、

階段有り、起伏ありとバラエティーに富んだコースでした

既に限界を向かえていた太ももは、

意志とは関係なくプルプルと痙攣を始め、

写真を撮ることも忘れ、

ひたすら転ばないように歩き続け、

ようやく下界に近づいてきた辺り、





下界





西日に染まった木々の鮮やかな黄色に目を奪われていると、

どこからともなくホラ貝の音が

修験者の方達が入山されていたのでしょうか。。。

その姿は確認出来ませんでしたが、

なんだか知らない世界に迷い込んだかのような、

神聖な気持ちがわき起こってきました

本来なら、このいなり山コースから、

途中6号路に入り、琵琶滝も見ておきたかったのですが、

生憎この日は6号路の保全工事のためアクセスできず断念

これも是非次回は行ってみたいところです





そしていよいよ下界に到着





麓到着





登山と言うよりハイキングと言った方がいいかもしれませんが、

初の高尾山体験はこんな感じで幕を閉じました

都心から日帰りで楽しむにはもってこいの山でしたね

しかし今度はもう少し行楽時期をずらして来よう・・・

そして帰りの駅に向かう途中、

ちょうど発車していったコチラ、





ケーブルカー





ケーブルカー

これも一回乗ってみたいなぁ





本日早速、足からおしりにかけて、

すさまじい筋肉痛に襲われてしまいましたが、

早くも次回の登頂に期待を膨らませております





いつもながら、長々と私的体験記事にお付き合いくださり有り難うございました






最後まで読んでくださりありがとうございます☆

皆さんの応援が励みになります(*^_^*)
お手数ですが、ポチッとクリックお願いしますm(_ _)m




ご協力感謝です(^^)/


スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

高尾山は昔登ったことがあります^^
素敵な自然に囲まれて
筋肉痛になってもすぐ治るけど
思い出はずっと残りますね^^

Re: No title

>さくらさん

高尾山は電車の中吊り広告等でずっと目にはしていましたが、
実際に足を運んでみないと分からない自然の美しさや、
自分の足で登り切ったという達成感、
非常に貴重な体験でした☆
また機会が有れば、いろんな山にも挑戦してみたいですね(^_^)v
プロフィール

しゃみちゃん

Author:しゃみちゃん
世田谷の端っこで日々をつぶやく

もうひとつの

秘密の小部屋(笑)

入口はコチラ

覗いてみて下さい☆

FC2カウンター
あなたは
FC2カウンター(オンライン)
現在閲覧中
現在の閲覧者数:
最新記事
このブログ内で検索
楽天おすすめ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
応援受付中!!
Ctrl+クリックでタブで開けます (Macの方はコマンド+クリック)

置き手紙について
勝手で恐縮ですが、あまりにもアフィリ目的の訪問が目立つようになって来ましたので、一時的に置き手紙はずさせていただきましたm(_ _)m
邦楽を楽しむ

藤本琇丈

三味線ひとすじ七十年

うめ吉ライブ

アット シアターアプル

いろはに邦楽DVD

三味線専用チューナー

音楽聴くなら
大切なあのひとへのプレゼントにも

\1,500

\3,000

\5,000

\10,000

おすすめ
読んでみて下さい!

雷撃深度一九・五

(池上 司:著)

戦艦大和 最後の乗組員の遺言

(八杉 康夫:著)

タバコ狩り

(室井 尚:著)

RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブロとも

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。