1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド編 2

さて本日もアジアツアーの続きをどうぞ

前日インドのデリーに一泊し、
この日はいよいよ公演会場のある、カルナルを目指します

そこかしこをのんびりと散策している牛たちを横目に見ながら、
約3時間半のバス移動

到着したのは、デリーとはうってかわったような田舎町
ホテルの雰囲気もいままでとはかなり違い、
メルヘンチックな造りになっておりました





ホテル





そして到着するや否や待ち構えていたのが、
新聞記者の方たちの構えるカメラの数々
その時撮られた写真が、後日新聞に掲載されていたのですが、
その様子はまたの機会にしたいと思います





その後ホテルに荷物を置き、そのまま近くにある2日目最終日の会場を視察





会場視察





この日はそのままホテルに戻り夕食
出迎えて下さった現地の方々と一緒に、インド料理を満喫





そして翌日、このツアー最初で最後の昼間の公演へと向かいます
会場は、カルナルから数十分のクルクシェートラという場所にある大学でした

朝8時過ぎにホテルを出発、
到着するとすぐにリハーサル開始

大学の講堂を使っての公演は、やはり学生さんたちの姿が多く見られました
またこの日は、国際交流基金事務所の所長さんも客席に

インドでは、公演の最初と最後に式典があり、
花束や盾の授与、大きな灯籠の様な物(名前は忘れました)への点火式など、
厳かな雰囲気の中執り行われました

しかしいざ始まってしまえば、バングラデシュ同様、
皆さんノリも良く、踊り出す人もいれば、
かけ声を返してくれる人もいて、賑やかに終えることが出来ました

そして最後に地元グループの演奏&ダンス





本番





非常にアップテンポな音楽に乗せて踊る、
原色の鮮やかな衣装に身を包んだダンサーの姿が、
とてもステージに映え、皆自然と手拍子を取っておりました





公演後、やはり写真を撮りたいと集まって来られたある学生さんに、
「五木の子守唄」を聞いて、歌詞は分からなかったけど、
メロディーの美しさに涙がこぼれましたと言われ、
小生、感無量の思いで御座いました





さて、珍しく明るいうちに公演も終了したため、
その後地元の議員志望という方に引率され、
ヒンズー教の寺院がある沐浴場や、





寺院





ヒンズーの神様、スリクリシュナについて展示している博物館へ





博物館





急ぎ足の観光でしたが、いい思い出となりました





さぁいよいよインド公演も後1回を残すのみ
この続きはまた明日





皆さんの応援が励みになります(*^_^*)
どちらか一つでも嬉しいです。
お手数ですが、ポチッとクリックお願いしますm(_ _)m



ブログランキング・にほんブログ村へ

ご協力感謝です(^^)/


スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃみちゃん

Author:しゃみちゃん
世田谷の端っこで日々をつぶやく

もうひとつの

秘密の小部屋(笑)

入口はコチラ

覗いてみて下さい☆

FC2カウンター
あなたは
FC2カウンター(オンライン)
現在閲覧中
現在の閲覧者数:
最新記事
このブログ内で検索
楽天おすすめ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
応援受付中!!
Ctrl+クリックでタブで開けます (Macの方はコマンド+クリック)

置き手紙について
勝手で恐縮ですが、あまりにもアフィリ目的の訪問が目立つようになって来ましたので、一時的に置き手紙はずさせていただきましたm(_ _)m
邦楽を楽しむ

藤本琇丈

三味線ひとすじ七十年

うめ吉ライブ

アット シアターアプル

いろはに邦楽DVD

三味線専用チューナー

音楽聴くなら
大切なあのひとへのプレゼントにも

\1,500

\3,000

\5,000

\10,000

おすすめ
読んでみて下さい!

雷撃深度一九・五

(池上 司:著)

戦艦大和 最後の乗組員の遺言

(八杉 康夫:著)

タバコ狩り

(室井 尚:著)

RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブロとも

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。