1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人のオモチャ♡ (訂正有り)

数日前にネットにて注文していたのですが、

とうとう昨日届きました





箱外観





タイトルを見て、何かいかがわしい物かと勘違いされてる方、

それ違いますから





取りあえず開封





箱中身





じゃ~~~ん!!

そうです!

新型MacBook Air

ついに購入しちゃいました





膨らむ期待を抑えながら、

まずはパッケージを取り出して。。。





パッケージ





近年のAppleらしい、非常にシンプルなデザイン





因みになぜ量販店でも販売しているこちらを、

わざわざネット注文したかというと、

実は購入前にいろんなヒトのレビューを見ているうちに、

11.6インチモデルにしようということだけはすぐに決意したものの、

やはりメモリーだけでも4GB仕様にしといた方がいいかなぁ・・・

と考え、カスタマイズ購入することにしたのですが、

このMacBook Air、メモリーがマザーボードに直付けで設置されているそうで、

購入後の増築は物理的に不可能とのこと

更にApple直営店以外での購入時カスタマイズもできないということでしたので、

手元に届くまでしばらくかかりそうでしたが、

しょうがなくAppleの公式サイトより購入手続きをし、

首を長くして待っておりました

ついでにフラッシュストレージの容量もアップしてもらい、



↑訂正

フラッシュストレージは容量アップできません

プロセッサのクロック数の間違いでした

(1.4GHz→1.6GHz)



上海でのカスタマイズ処置を経て小生の元へたどり着いてくれました

その証拠がこちら





カスタマイズ証拠





しっかりと容量アップしてるようです





さていよいよその中身を拝見





中身





おぉうつくすぃ~

本体を取り出すと、

その下には付属品が整然と収まっていました





中身2





付属品と言っても、ACアダプタと添付書類くらい

この潔さが林檎党にはたまらないんですけどね

その添付書類ですが、





添付書類





な感じ

(10年前に初めてMacを購入したときもそうでしたが、

今回もまったく目を通しておりません





気になっていた復旧用のこちらのツール





復旧ツール





ご周知の通り、Airシリーズは初代からディスクドライブを排除した設計になってます

そのため、もしもの時のためにとUSB接続で復旧出来るこのツール、

願わくばこれを使う機会がないことを望みますが、

万が一、調子が悪くなったときのため、

撮影後は大事に箱に収納しておきました





ここまで長くなってしまいましたが、

いよいよ起動準備にとりかかります

その前にその大きさをiMacと比較





大きさ比較





参考までに、iMacは前モデルの24インチです

さぁ起動しますよ~

パワースイッチはファンクションキーの一番右に並んでいます





パワースイッチ





ジャ~~~ン♪

とあのMacならではの起動音にうっとりしながら、

待つこと数秒。。。





起動





そしてファーストコンタクトとなる初期設定へ





ようこそ





設定を終えると、

いよいよ見慣れたSnowLeopardの画面が浮かび上がります





起動完了





とりあえず最初にしたのは、ソフトウェアのアップデート





アップデート





その後メールアカウントやSafariブックマーク、

その他アドレス帳やカレンダーなどを同期したところで、

すっかり日付も変わってしまい、

一旦スリープ

今日はあまりいじれなかったのですが、

明日からもまだ細かい設定や、

セキュリティソフトのインストールなどから手を付けていきたいと思います





ココまで書いて時計見たら、

今日も日付が変わりそう。。。

ぼちぼち寝ることにします





余談ですが、この記事はiMacで書いてます






最後まで読んでくださりありがとうございます☆

皆さんの応援が励みになります(*^_^*)
お手数ですが、ポチッとクリックお願いしますm(_ _)m




ご協力感謝です(^^)/


スポンサーサイト

高尾山登頂、結局どうなったかというと。。。

意味も無く引っぱってしまいました、

昨日の高尾山発登山の続きですが、

とりあえず薬王院に到着





薬王院紅葉





ここでも参拝者がごった返しておりました





参拝者





そしていよいよ山頂目指して

というところで、前記事に書いたとおり、

登頂への行列が大混雑

まったく動く気配のない中、

1人2人と列を離れる人たちに続き、

小生もあきらめて下山することに。。。





石像群





こんな石像を横目に、来た道を引き返していたところ、

何気なく目に止まった案内版を良く確認してみると、

何と先ほどまで並んでいたコースとは別に、

山頂への道が示されているではありませんか

とりあえずそちらを進んでみることに





抜け道





しかしよけの鈴を鳴らしながら下ってくる人は何人かいたものの、

ほとんど人が歩いていません

ホントに山頂に向かっているのか不安になりつつ、

が出てきてもおかしくないような、未舗装の山道を突き進んでいきますと、





山頂





無事登頂に成功

しかしここでも凄い数の人、ひと、ヒト

予定では、山頂で何か食事をとろうと思っていたのですが、

なにしろ食堂には長い列・・・

取りあえずココまで一滴も補充してなかった水分だけを採り、

下山するまで食べ物はおあずけとすることに





ぷらぷらと散策しながら展望台に足を運ぶと、

こんなプレートが





山脈





眺望できる山脈などの早見図、

いわずもがな、いの一番で富士山を確認しようと、

必至に目をこらしてみたのですが、

結局この日は雲が多く、

拝むことは出来ませんでした

まぁ天狗様からの「また来なさい」との思し召しと受け止め、

次回(いつになることやら・・・)に期待したいと思います





さて無事当初の目的であった登頂と、

頂上での一服という悲願も達成したところで、

日が落ちないうちに下山開始

帰りは違う道を行こうと思い、

コース図を念入りに確認





下山コース





ネットでも下調べした際に、

とても興味を引かれていた「いなり山コース」を行くことに

上ってきた1号路とは打って変わり、

まさに山道

木の根っこがそこかしこに露出しており、

階段有り、起伏ありとバラエティーに富んだコースでした

既に限界を向かえていた太ももは、

意志とは関係なくプルプルと痙攣を始め、

写真を撮ることも忘れ、

ひたすら転ばないように歩き続け、

ようやく下界に近づいてきた辺り、





下界





西日に染まった木々の鮮やかな黄色に目を奪われていると、

どこからともなくホラ貝の音が

修験者の方達が入山されていたのでしょうか。。。

その姿は確認出来ませんでしたが、

なんだか知らない世界に迷い込んだかのような、

神聖な気持ちがわき起こってきました

本来なら、このいなり山コースから、

途中6号路に入り、琵琶滝も見ておきたかったのですが、

生憎この日は6号路の保全工事のためアクセスできず断念

これも是非次回は行ってみたいところです





そしていよいよ下界に到着





麓到着





登山と言うよりハイキングと言った方がいいかもしれませんが、

初の高尾山体験はこんな感じで幕を閉じました

都心から日帰りで楽しむにはもってこいの山でしたね

しかし今度はもう少し行楽時期をずらして来よう・・・

そして帰りの駅に向かう途中、

ちょうど発車していったコチラ、





ケーブルカー





ケーブルカー

これも一回乗ってみたいなぁ





本日早速、足からおしりにかけて、

すさまじい筋肉痛に襲われてしまいましたが、

早くも次回の登頂に期待を膨らませております





いつもながら、長々と私的体験記事にお付き合いくださり有り難うございました






最後まで読んでくださりありがとうございます☆

皆さんの応援が励みになります(*^_^*)
お手数ですが、ポチッとクリックお願いしますm(_ _)m




ご協力感謝です(^^)/


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

秋を体感

上京して13年と8ヶ月、

気になりつつも、一度も足を運んでない場所が多々ありますが、

今回この時期にはもってこいという場所を訪れてみようと決意

ついに行って参りました高尾山

最寄りの明大前駅から京王線で最終駅、高尾山口駅に






高尾山口駅





ものすごい数の人にとまどいつつ、

(外国人、とりわけ支那からの団体客と思われる登山者がやたら目に尽きました

とりあえずインターネットでは下調べしておいたのですが、

実際に現地のコースマップを確認してみます





コースマップ





途中まで、ケーブルカーやリフトなどで上る手段もあるのですが、

一応今回は上り下りとも全行程を徒歩で、

と決めていましたので、

人の流れに乗りながら(押し流されながら

途中薬王院などを通る、1号路を進んでみました

この道は保全の為の車も通れるように、

薬王院までの道のりが全て舗装されております

登山道に入るとすぐに秋の風景が目に飛び込んできました





紅葉





まだ山全体としては緑が目立ちますが、

所々に群生している広葉樹が黄色や赤に染まっている様子は、

正に日本の四季

といった風情が感じられる風景で、

既に悲鳴を上げ始めていたふくらはぎの痛みも忘れて、

頂上を目指すモチベーションを上げてくれました





ケーブルカーで上ってきた人が合流する辺りで、

再び混み始めたので、

一旦近くの展望台に非難

まだまだ頂上には遠いのですが、

それなりに見晴らしの良い光景が広がっていました





展望台





写真では分かりづらいですが、

中央上寄りに写っている赤い点はヘリコプターです

標高599メートルの山といっても、

意外と高いんだなぁと妙に感心してしまいました

展望台のしたではまだ人が混み合っておりましたが、

流れに乗って更に山頂を目指します

少し行くとこんな面白い木を発見





たこ杉





根っこの部分がまるでたこの口(正確には排泄器か)のようになった杉の木です

ここも写真を撮る人たちでごったがえして居りましたので、

さっさと先に進みます

もうこの辺りまで来ると、

涼しいはずの山中にいながらも汗がにじんできます

そしてとうとう山頂までわずかという所、

薬王院に到着

しかしこの案内板を見て「・・・」な状態に





薬王院階段





ここに来て尚また階段を上るのか。。。

しかし山頂目指すには行くしかない

ということで上っていくと、

まず最初の門が目に飛び込んできます





薬王院門





そこをくぐると。。。おぉあの見慣れたお姿が

といっても関東圏のごく限られた人にしか分からないと思うのですが、

京王線の車内広告ではしょっちゅう目にしていたものの、

実物を見るのはもちろんコレが初めてで、

想像していたよりも大きなお姿に、

やや興奮しながらパシャリ





天狗1
天狗2
天狗説明





さて頂上までの行程も先が見えてきました

。。。。。ところがここから頂上への道が大混雑

まったく動かない列に業を煮やした方達が1人2人と列を去り、

下山を初めて行きます

小生もしばらく並んで、列が動き出すのを待っていたのですが、

あまりにも進む気配が無いため、

とうとう登頂をあきらめ下山をすることに





しかしこの後思わぬ展開が

続きは次回へ(あまり期待せずにお待ち下さい






最後まで読んでくださりありがとうございます☆

皆さんの応援が励みになります(*^_^*)
お手数ですが、ポチッとクリックお願いしますm(_ _)m




ご協力感謝です(^^)/


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

妄想的日常

朝晩の冷え込みが本格的になってきましたねぇ

暑すぎるのも勘弁願いたいですが、

どちらかと言えば寒さの方が苦手な小生にとって、

冬は花粉の季節に次いで憂鬱な季節です

しかし今朝、冬ならではのこんな光景を拝めてちょっとだけテンションアップ





富士山





久しく使ってなかったデジ一を引っ張り出し、

会社の屋上に出て撮ってみちゃいました

ふ~じはにっぽんいちの~やま~

と思わず口ずさんでしまいたくなるような立派なお姿

とまぁここまでは本編とまったく関係ないのですが。。。





引っぱるほどの内容でもないので、

早速いっちゃいます






最近はiPhoneカメラでの投稿写真ばっかりだったのですが、

今朝デジ一を引っ張り出したついでに、

いそ君も写してあげようと思い立ち(←ええ、ただの自己満です

本日久しぶりにゲットしたこの一枚から





あくび





位置取りが悪かった為、

肝心の口が見えていませんが、

あくびの瞬間を捉えることができました

やっぱり機動力と画質でiPhoneはかないませんね





ここからは小生の妄想的なフィクションです





警告





と言っているのかは定かではありませんが、





タッチ





と、取りあえずご機嫌取りのなでなで攻撃





悩む





と悩んでいるのかは不明(←間違いなくただのセルフグルーミングじゃ





不良





↑いや、これは完全に捏造写真じゃろ





逃亡





いえ、実際に怒ってませんから

とまぁ本日もおバカな記事にお付き合いくださり有り難うございました





余談ですが、

設置して1ヶ月と経っていないこの「フルハウス」ですが、

既に内装工事が進行中です





床





最後まで読んでくださりありがとうございます☆

皆さんの応援が励みになります(*^_^*)
お手数ですが、ポチッとクリックお願いしますm(_ _)m




ご協力感謝です(^^)/


テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

まぁ、たまにはね♪

今日は久々にいそ君の部屋んぽの様子でも

実は小生の都合でここのところなかなか部屋んぽどころか、

これまでにも何度かご紹介しました、

ソファーベッドでのソファんぽすらさせてあげられてなかったのですが、

先日のトイレ騒動もおさまり、

何かご褒美をと考えておりまして、

たまたま時間に余裕があった数日前、

久しぶりにサークル解放してみました





ケージ内を逃げ回る彼に手こずりながらも、

何とか抱きあげサークルまで移動






上目づかい





警戒しているのか、当初は小生をじっと上目づかい。。。

じっと固まっておりましたが、

もそもそと四方八方の匂いを確認しつつ、

徐々に調子も出てきたようで、





ジャンプ





跳んでる跳んでる

(小生の腕が未熟なのか、iPhoneカメラの限界なのか、

 ぶれぶれ画像で恐縮です




ついでに動画も











最後はほほえましくスキンシップ





・・・・・といきたかったのですが、

あごで小生の膝をすりすり。。。。。

マーキングされてるし





マーキング2





最後まで読んでくださりありがとうございます☆

皆さんの応援が励みになります(*^_^*)
お手数ですが、ポチッとクリックお願いしますm(_ _)m




ご協力感謝です(^^)/








◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆





明日は日本橋公会堂(日本橋劇場)にて、三味線の発表会があります

発会45周年という兄弟子の会に、

ゲスト出演及び裏方手伝いとして行って参ります

天気予報は曇りみたいですが、

何とか雨だけは降らないでくれぇ

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

プロフィール

しゃみちゃん

Author:しゃみちゃん
世田谷の端っこで日々をつぶやく

もうひとつの

秘密の小部屋(笑)

入口はコチラ

覗いてみて下さい☆

FC2カウンター
あなたは
FC2カウンター(オンライン)
現在閲覧中
現在の閲覧者数:
最新記事
このブログ内で検索
楽天おすすめ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
応援受付中!!
Ctrl+クリックでタブで開けます (Macの方はコマンド+クリック)

置き手紙について
勝手で恐縮ですが、あまりにもアフィリ目的の訪問が目立つようになって来ましたので、一時的に置き手紙はずさせていただきましたm(_ _)m
邦楽を楽しむ

藤本琇丈

三味線ひとすじ七十年

うめ吉ライブ

アット シアターアプル

いろはに邦楽DVD

三味線専用チューナー

音楽聴くなら
大切なあのひとへのプレゼントにも

\1,500

\3,000

\5,000

\10,000

おすすめ
読んでみて下さい!

雷撃深度一九・五

(池上 司:著)

戦艦大和 最後の乗組員の遺言

(八杉 康夫:著)

タバコ狩り

(室井 尚:著)

RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
ブロとも

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。